FC2ブログ

スルスルサンタと、トコトコトナカイ

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

新年のクラスは明日9日から始まります。
2019年、最初の作品は 毎年恒例のあれ?を描くかな?

さて、昨年の事となりますが、クラスのご紹介をしていきます。

12月1回目はてなクラス

今回は身近な材料を使ってスルスル登ったり、トコトコ歩くみたいに動くものを作ります。


一つ目はスルスルサンタさん。

厚紙にサンタさん他、好きな絵を描き、切り抜いてあとはストローと紐とわりばしを使って工作します。

ハサミが上手く使えないと厚紙を上手く切ることができないから、そういう子は無理せず画用紙で作りました。


二つ目はトコトコトナカイさん。

紙コップにゴムをつけてクラフト紙を巻き、顔やツノをつけます。
最後に輪ゴムに粘土をつけて後ろに引くとトコトコ歩いているみたいに進んでいくものです。


簡単にみえる作業の中に、ストローに紐を通してその先をわりばしに結んだり、型紙を写して線の通りに切ったり、ちゃんと動くように粘土をつけたり、様々な要素が散りばめられています。

まだ入ったばかりで慣れないうちは全然できなくても、慣れてくると大体のことは説明を聞けばおおよそ理解できるようになり、集中してさっさと作れるようになります。
また、楽しい工作の中で、ものを動かすことがいかに大変かも体感できます。


できたものを子ども達は早速何度も試して遊んでいました。
夢中で繰り返し遊ぶ中で創造性や好奇心、探究心などが育まれていくのだなぁと思いました。

timeline_20181226_155612.jpg


timeline_20181226_155612_0.jpg


timeline_20181226_155614.jpg


クリスマスリースを作ろう!

今回は次回と合わせて2回で、合板を糸のこで切ってクリスマス飾りを作ります。

リースの形はあらかじめ型を用意したけど、その他、雪ダルマでもツリーでも、自分の思ったものを作ってもOKです。

ぼうけん_181225_0018

リース以外のものを作る場合は型もデザインも、自分で考えて起こします。

ぼうけんクラス_181225_0019


ぼうけんクラス_181225_0024

ぼうけん_181225_0007


ぼうけんクラス_181225_0014


リースの場合も飾りは自分で考えて作りますよ。

飾りも切り出して、丁寧に色を塗ります

ぼうけんクラス_181225_0018


ぼうけん_181225_0008




普段何気なく見ているリースやツリーにも、飾る意味があります。
そのことも考えに入れつつ、自分の好きな形を紙でおこし、木に写して電動糸のこで切っていきます。

糸のこを使うときは、みんなすごい集中力です!
TPC_cc2c72b460464968ba17ddfe70041fb311545637103180638583tffffffff.jpg


糸のこ作業なので、あまりにも細かったり、小さかったり、複雑な難しい形にすると、実現不可能だったりするので注意してね!

電のこは慣れないとちょっと怖いけど、慣れてくると自分の思うように切れるようになって自信がついてくるよ。
まずはケガしないように注意してゆっくり切っていきましょう。


timeline_20181224_171258.jpg


今回のクリスマスの飾り作りは、

リースが中心でしたが、飾りや色に個性が出て、一つとして同じような作品にはなりませんでした。
リースの他にもツリーだったり、雪だるまだったり、立体的な風景のような作品だったり、それぞれの個性に合わせた作品が出来上がりました。

電のこを使うのが苦手だったり、磨くのが面倒でつい投げやりになったり、色を塗るときに失敗したり…短い時間の中でもそれぞれのドラマがありました。

でもね、みんな他の子に感化されたりアドバイスをもらったりしながらなんとかやり遂げた時、とてもいい顔をしていましたよ。
大変な思いをしてこその達成感です。

ニスを塗って欲しい人!と聞いたらみんな手を挙げて、少しでも自分の作品をよく見せたいと思う気持ちが伝わりました。
みんなのキラキラした気持ちが、私の素敵なクリスマスプレゼントになりましたよ。

ダンボールでクリスマスリース作り

11月2回目はてなクラス

今回のはてなクラスはちょっとだけ早いけどクリスマスリースを作りました。


用意した少しずつ違う緑色の中から好みの色を3枚選んでビリビリ破ってはダンボールの台紙に貼っていき、折り紙のリボンとホイルの飾りを付けます。

台紙に貼る緑の折り紙はいろいろ種類を用意したので選ぶ色に個性が出ます。
明るい色が好きだったり、暗い色にして飾るものを目立つようにしたいという目的があったり。

timeline_20181205_160147.jpg





また、のりを薄く伸ばしてきれいに貼ったり、ダイナミックにベタベタ貼ったり、貼り方にも個性が出るのでおもしろい。


色についても貼り方についても、どれがいいとか悪いとかはないけれど、他の人のを見て同じようにしたいとか、見本は見本として自分の思ったようにしたいとか、皆それぞれ自分なりに考えてやっているんだなぁと感じられ、たかが貼り絵なれど子ども達の深いところを見られた気がしました。

あとはリボンを折り紙で折ってホイルの飾りをつけて出来上がり!
大変だったけど出来上がったらみんないい笑顔でした。

timeline_20181205_160145.jpg


timeline_20181205_160144.jpg

11月のはてなクラス「砂絵」

11月1回目はてなクラス

はてなクラスもぼうけんクラスと同様に砂絵をしました。

こちらのクラスは、のりや両面テープを少しずつ好きなように紙につけて好きな砂をかけていくやり方。

timeline_20181121_133257_0.jpg




のりバージョン
timeline_20181121_133256.jpg


のりはまあるい線や好きな絵も自由自在だけど、のりの出し加減が難しい。

両面テープバージョン
timeline_20181121_133257.jpg


両面テープは簡単に貼れるけれど剥がすのが面倒だったり、きちんと貼らないと取れてきたり、直線なので全体のバランスが難しい。


同じ砂絵でも出来上がりの雰囲気が全然違うので、それを体験してもらえたら嬉しいです。

どちらの方法も、好きな色の砂をかけてパッと色がつく瞬間が楽しいようで、いろんな色を次々と試したり、色を少しずつ変えてわぁーこんな色になったと喜んでいる姿が印象的でした。

11月 ぼうけんクラス 「砂絵で遊ぼう!」

11月1回目ぼうけんクラス

今回は砂絵。
文字通り砂で絵を描く手法で、ぼうけんクラスは砂絵用の接着シートに絵を描いて線通りにカッターナイフで剥離紙だけを切り、少しずつ剥がしては好みの色の砂をかけて絵を完成させていく。

まずはデザイン。
いきなり言われてすぐ思いつくものでもないけれど、自分の好きなもの…というテーマで皆それぞれ考え、カッターナイフで切り抜ける程度ということを踏まえてデザインしていく。

実はここが一番大切!

ちょっと大げさだけど、大人になるにつれて、その場で判断して、その場にあったものを考えたり行動したりすることは常に求められてくる。

言われたテーマに沿って、ある程度の制約を受けつつ課題をクリアしていくということはこれからの人生にとても必要な力なのだと思うから。

思いつかないばかりか、言われたことすらその都度後から何度も聞き返すようではちょっと頼りない。
心を鬼にして、まずは自分で考えてごらん…と突き放す。ゲームでは身につかない事も実体験で苦労してこそ身につく事が多い。

なんとかデザインして、絵を台紙に写して、カッターで切り込みを入れていく。
工程がいろいろあるし、カッターナイフの使い方が悪いと、剥離紙がうまく剥がれないので同じ作業を繰り返すことになる。

大人が見ていても大変だなとは思う。でも、やりやすいやり方を自分で見つけていくと、どんどん早くできるようになる。
それを体験してほしい。

その後次々と色の砂をかけていくとみんなの表情が明るくなる。
砂をかけてパッと色が変わる瞬間は普段体験できないのでとても楽しそう。
ここからはとてもスムーズに進んでなんとか完成!

大変だったけれど、楽しくもあり、いろんな意味で皆作品の出来に満足して帰って行きました。


ぼうけん作品集

timeline_20181121_133156.jpg

timeline_20181121_133155.jpg

timeline_20181121_133154.jpg

timeline_20181121_133153.jpg

プロフィール

創遊の樹(そうゆうのき)

Author:創遊の樹(そうゆうのき)
名古屋市緑区鹿山
子どもたちの生きる力を育む、教室の様子や、木のおもちゃ、工作キットなどを紹介します。

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンタ
月別アーカイブ