FC2ブログ

コロコロ工作

7月2回目はコロコロ工作。

内容は、コロコロ転がるものを「作って、試して、楽しみながら工作をすること」です。


ぼうけんクラスは、まっすぐ一方向にころがるものから作りました。
以前作ったことのある「ピコピコカプセル」のような動きのものを、今回は自分で作ります。

CIMG8505.jpg


作り方は、短冊状の色画用紙をビー玉に縦横ふんわり巻きつけてとめる。
上手くころがるかは微妙な巻き付け方の加減によって変わります。
材料はある程度こちらで用意するものの、細かい調整は自分達で行わないといけないので、皆何度も何度も作っては用意してあるダンボールの坂道を転がしました。

「なんで止まっちゃうんだろう?」「中のビー玉が動かない!」「ねー、いいこと考えたから違うの作ってもいい⁈」 などと言いながら子どもたちは各々コロコロを調整していきます。
上手くできた子に作り方を聞いたり、自分であれこれ試したり、皆が自分達の力で考えて進んでいく嬉しい瞬間…
フムフム、みんないい顔してるよ!

2つ目は、まっすぐだけでなく四方八方にころがるタイプのおまんじゅうみたいなコロコロくんを作りました。

短冊状の色画用紙を米印のように貼りあわせ、中に入れたビー玉が飛び出てしまわないように周りをとめていきます。
実はこちらの方が転がりやすいので、はてなクラスはこちらだけを作ります。

短冊はこちらで用意するけれど、寸法は自分で測ってしるしをつけますよ。
どこで切るのか、どこで折るのか、どこに両面テープを貼るのか、どことどこをくっつけて貼るのか…わからないままだと失敗してしまいます。

CIMG8503.jpg

CIMG8504.jpg


年少さんも自分自身で考えながら進められるように、できないところだけを手助けしていきます。
初めは分かっていなくても2個目を作る時には、少し覚えてできるようになっているし、家で工作をやり慣れている子は両面テープの貼り方や剥がし方もスムーズ。

ちょっとしたことができるようになるだけで、子どもって得意げな顔をしてくれます。
この嬉しさが、やる気を育てるのですね。
できないことも繰り返すうちにできるようになっていく。
繰り返すって本当に大切︎


最後はボードにコースなどをお絵かきして完成。
コロコロくんが落ちないようにボードを操って遊んだり、みんなで坂道を転がして競争したり盛り上がりました。

CIMG8507.jpg

CIMG8510.jpg

CIMG8513.jpg

家でもいろいろやってみたいと思いを膨らませて帰って行く子もいたりして…


お家だと、どうしてもゲームに気がいってしまったりするだろうけど、手作りのコロコロくんで楽しく遊んでくれてるといいなぁ


スポンサーサイト
プロフィール

創遊の樹(そうゆうのき)

Author:創遊の樹(そうゆうのき)
名古屋市緑区鹿山
子どもたちの生きる力を育む、教室の様子や、木のおもちゃ、工作キットなどを紹介します。

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンタ
月別アーカイブ