かみすきを体験してみよう!

5月1回目の週は、ぼうけん・はてなクラス共に「かみすき」を体験しました。

紙漉きキットというすぐれた道具があり、習字の半紙などを主な原料として使います。
他には染めてある和紙や、色和紙、麻ひもなども使い色や柄をつけました。

紙の量の違いや、染め和紙などの量により、色を全体に入れたり部分的にアクセントにしたりでできるので、雰囲気ががらりと変わります。

子どもたちは紙の成り立ちに興味がもてたり、自分たちが普段使っている紙の事も先生が説明してくれたので、紙の仕組みを知ることができとてもよかったと思います。

完成した和紙はポストカードサイズくらい。
絵手紙してもよし、花瓶などの下にひくコースター代わりにしてもよし、もちろん写真立てに入れて飾ってもいいですよね


今回は私も娘たちとお家で紙漉き体験しました。
何枚か作っていくうちに、徐々にコツがつかめたり、色の入れ具合を加減したりと創作活動は病みつきになります。
色紙でムーミンを切って、挟んでみたりしましたが、出来栄えはぱっとしませんでしたね。難しい~(+_+)

気が付いたといえば、濡れている時は濃い感じがした和紙も、アイロンをかけ乾燥するとかなり薄くなってしまいます。
頭でわかっていても、いざ作業をしていると分からなくなってしまうんだなぁ。

紙漉き体験と言えば、有名な美濃和紙は美濃和紙の里会館で、富士川クラフトパークという所では「西島和紙」が作れますよ。
どちらも家族で遊びに行っても楽しい所です。
日本国内、知らない和紙が沢山あります。これを機会に色々調べてみます。


*** staff H ***
スポンサーサイト
プロフィール

創遊の樹(そうゆうのき)

Author:創遊の樹(そうゆうのき)
名古屋市緑区鹿山
子どもたちの生きる力を育む、教室の様子や、木のおもちゃ、工作キットなどを紹介します。

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンタ
月別アーカイブ