FC2ブログ

10月 軽量粘土で秋を感じる飾り物を作ろう!

10月1回目ぼうけんクラス

軽量粘土で秋を感じる飾り物を作ろう!

今回はテーマが秋… というもの。
まずは秋のイメージをみんなで膨らませましょう。


秋の捉え方は様々なので葉っぱをモチーフにしたり、好きなキャラクターと秋の食べ物などを組み合わせてみたり。
でも一番多かったのは、季節柄やはりハロウィン🎃のカボチャのランタンでした。


中を空洞にしたければ、芯材を工夫して形を作り、目などをあらかじめ抜いてから粘土を貼り付けていきます。

使用する粘土は、はてなクラスと同じような軽量のものですが、もっと薄く伸ばしたり細かい細工・加工ができる粘土です。

薄く伸ばしても芯材には綺麗にくっつきました。
皆、手に水をつけて粘土をこねて柔らかくし、少しずつ芯材につけていったり、形を作っていきました。

皆それぞれ頭で考えたことが形になっていくので、個性が出てくるところを見ているこっちも楽しかったです。


芯材を使ってランタンを作った子は、後からアクリル絵の具を塗って仕上げ、

小さい作品にした子は、あらかじめ粘土に色を練りこんでから作りました。

色の使い方は後塗りと練りこみの2通り、芯材も使ったり使わなかったりしたけれど、それぞれとてもよかったです。



こちらのクラスは芯材を使った作品ですね。

CIMG8644.jpg


芯材に使うのは、例えばこんなプラスチックの器
CIMG8641.jpg

先に抜きたいところは絵を描いて抜いておきます。


かぼちゃのランタン

CIMG8643.jpg

CIMG8647.jpg


ボクはお口がパカっと開くよ~

CIMG8646.jpg


芯材を使わず、色を練りこんで作った作品

かぼちゃの家族がずらり
CIMG8640.jpg

カービーも秋の食べ物食べるよ!

CIMG8642.jpg


素敵な作品がたくさんできました。
スポンサーサイト

10月 ふわふわ粘土で秋のつるし飾りを作ろう!

10月1回目 はてなクラス

ふわふわ粘土で秋のつるし飾りを作ろう!


今回はふわふわ粘土に色をつけ、伸ばして型抜きをします。

まずは柔らかな感触を楽しみながらこねこね。
丸めた粘土を手の平で力が伝わるように、ギュッと押して潰してはまとめてまた潰す。


少し水分が飛んだら、丸めて指で穴を開け、絵の具を入れてまたこねる。

伸ばし棒で伸ばして型抜きはするけれど、今回一番の目的は感触を楽しむこと。


最初は粘土自体が好きじゃないとか、色を入れてこねると手が汚れるとか、何かと文句のようにあれこれ言ってはいたけれど、少しずつこねこねも上手くなり、色の粘土が出来上がってくると「どんな型で抜こうかなぁー?」と次のステップが見えてきます。

初めは「嫌だな」と思っていても、人間は大昔から土を耕したり、器を作ったりしてきたんだもの、やっているうちに気持ちが落ち着いてきて、どんどんやりたくなってきちゃうものなんですよね。

出来上がったら整えて、顔を書いたり穴を開けてヒモを通したりして完成!

軽いので、壁につるして飾ってもかわいいですよ。

S__65036294.jpg


S__65036293.jpg


S__65036292.jpg



10月の秋休み

10月の秋休み

10月に入ってすぐスケジュール調整の為に1週間お休みがありました。

子ども達にとっては遊ぶ時間が増えて嬉しかったかな⁇

私はいつもの父母のお世話に加えて、自分の身体のケアや、普段会えない友達に会ったり、映画を観たりして一応充実した日々を過ごしました。

私の場合、子ども達はすでに親元を離れているため、子ども達にすることは特になく、おおむね自分の為の時間でした。

…そうなんです。


子どもは大人になっていくのです。
自分のことは自分でできてしまうということが、嬉しくもあり、寂しくもあり複雑です。

でも、過ごしてきた日々は戻ることはありません。
皆さんどうか、お子さん達との時間を大切にしてくださいね。


勉強も大切だけど、健康だったり、友達との付き合い方だったり、将来に向けて何が大切かを学ばせるのに今が一番大切な時期です。

もちろん、口の出し過ぎもダメでしょうから、大切なことは何かをよく考えて選択して効果的に伝えられるといいですね。

難しいことですけど…

折り紙の窓飾り

10月に入り、各地で運動会がありましたね。

先月の事になりますが、9月2回目のはてなクラスをご紹介いたします。

お題は、「折り紙の窓飾り」 です。

今回は両面折り紙を使い、折って切ってまた折って、のりをつけてつなげる…という繰り返し。

繰り返し作業の好きな子と、すぐに飽きちゃう子と分かれます。

単純作業を続けられたとしても、先を急ぐばかりにちゃんと角と角を合わせるとか、線の通りに切るということがおざなりになってしまったり、のりがはみ出してぐちゃぐちゃに仕上げてしまったり、一人一人の特性がかなり顕著に出るようです。

ここでは、集中して一つ一つきちんと作業をする…ということが大切ですが、一番大切なのは向上心を持って取り組むこと。
作品の出来不出来よりも、どれだけ頑張ったかが大切かと思います。


少しでも上手くやりたいと思って取り組めば、出来上がりはイマイチでも、確実にやる前よりはやれるようになっているものです。

例えばTさんちのご兄弟も、前は折り紙というとすぐに飽きてしまったり、上手くできずに泣いて怒ってしまったり大変でしたが、ここのところ目覚ましくできることが増えて、やる気も十分。
今回も見本を全部作りたいと頑張ってくれました。

もちろん、他の子ども達も同様です。
長い目で見守っていると、少しずつが積み重なって、ある時ふと気づくといろいろなことが全般に上手になっていてびっくりしてしまいます。

やらなければやれるようになんて絶対になりませんもんね。
他のお友達に感化されつつ、少しでも頑張ろうとする姿がとても良かったです‼

ハートをつなげると
CIMG8639.jpg

クリスマスの飾りなどによさそうな
CIMG8634.jpg

一枚折るとこんな感じ
CIMG8636.jpg

それをつなげると、あら不思議 素敵な飾りに変身
CIMG8635.jpg

並べ方や色を変えるとこれまた不思議な幾何学模様に変身
CIMG8637.jpg

星形のガーラント  これは可愛いですね。 窓飾りにしてみてはいかがでしょうか?
CIMG8638.jpg

わりばしで作る輪ゴム鉄砲

9月1回目はてなクラス
わりばしで作る輪ゴム鉄砲

CIMG8593.jpg


今回はわりばし5膳と輪ゴムで鉄砲を作ります。
作り方は、まずわりばし2膳に半分のところでしるしをつけてのこぎりで切ることから。


お家などではハサミで傷をつけて折ってもいいけれど、やはりここではのこぎりでちゃんと切りましょう。

切った後もヤスリで端を処理してから工作します。
端がささくれ立っていたら痛いし、先を急ぐのではなくこういうところも大切にしながら作るって大切ですからね。


次はわりばしを輪ゴムででとめていきます。
手順は難しくないものの、輪ゴムを引っ張りながらわりばしを片手でまとめてしっかりとめていくのは難しい。

CIMG8590.jpg

CIMG8589.jpg




何度も説明を聞いてやってみるものの、皆そうやすやすとはできず諦めかけたり「できない。やって!」とお願いしたり。
もちろん、できないところはこちらがやってあげれば簡単にできるのだけど、それでは成長できない。

「ほら、もう一度説明するからね。頑張って!」
頑張ってできるようになった子をみてちょっと嫌になっていた子ももう少し頑張ってみる。
「できた︎!これでいいんでしょう⁈」
それでいいんです。
嫌でも頑張ったことがまずえらい。
そして成果を出したことがまたえらい︎!やればできる。それが大切な大切な経験。

CIMG8580.jpg

CIMG8592.jpg



出来上がると早速「飛ばしてくるー︎」と、皆それぞれやり方を見つけて遊んでいました。
なんとも微笑ましい瞬間。

上手く飛ばないと「何でだろう?」ってお友達同士で考えていたりする姿もみられました。
自分達で考えても答えが見つからない時は、手助けもしますよ。

CIMG8581.jpg


そうやって苦労して作ったものは大切だと思うのか、みんなそれぞれ色を塗ったり、的を工夫して描いたり、次のステップへ自分で進んでいきます。

これですよ、これ。
私が求めるものは。

それぞれのスタイルで自分でやりたい事を見つける事が出来て本当によかったです。

プロフィール

創遊の樹(そうゆうのき)

Author:創遊の樹(そうゆうのき)
名古屋市緑区鹿山
子どもたちの生きる力を育む、教室の様子や、木のおもちゃ、工作キットなどを紹介します。

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンタ
月別アーカイブ