パズルを作って遊ぼう

7月のはてなクラスは「パズルを作って遊ぼう」でした。

子どもたちが大好きなパズルを自分で手作りします。
自分で作るという事は、やるべき作業を自分で理解し自分で進めていくという超難関な事柄にトライしなければなりません。

枠を作るために定規で測って線をひいたり、電のこで中抜きしたりなど一つ一つの作業を丁寧に確実に根気よくできるようになるといいですね。

はてなクラスの子たちは、糸のこぎりで一生懸命切りました。
C型クランプで板を固定し、急いだり、よそ見せずに落ち着いてゆっくり切りはじめましょう。


CIMG7527 (320x222)

絵に合わせてのこぎりで切りださなくもいいので、少しくらいのズレは大丈夫。
図面を読み取って再現する力、段取力、自分でパズルを考える発想力などを自ら考えて行動できる力を養えるように、付き添われている親御さんは声をかけてあげて下さいね。

完成した作品集

CIMG7524 (320x228)
  CIMG7528 (247x320)
  CIMG7526 (320x211)
  CIMG7525 (320x213)

可愛いパズルが沢山できました。
最後にみんなのパズルで遊んで終了。
楽しめたかな?
スポンサーサイト

タングラム&ちびパズルを作ろう

7月のぼうけんクラスは、「タングラム&ちびパズルを作ろう」でした。

みんなが苦手な、図面をひく作業、線どおりに電動糸のこで切る作業など 盛りだくさんな作業を駆使してパズルを作ります。
1つ目は直線カットのみで作るタングラム。
もう一つは、自由な絵を描き、糸のこで切りだすパズル。

CIMG7521 (320x240)


CIMG7520 (320x217)

CIMG7530 (320x227)



図面を読み取って再現する力、段取力、自分でパズルを作るという発想力。
そして、みんなが一番気がかりな糸のこの技術。
色々な思考、技術をフル回転させて、子どもたちみんな頑張りました。

CIMG7522 (320x239)


作った後もかなり楽しめる、数理パズル。
問題集も沢山出ているので、頭の体操をしながら親子で遊んでみるとすてきですね。

CIMG7519 (320x239)

ちょっと一息ブレイクタイム
タングラムの問題。どう?簡単にできるかな?

slhet057.gif
  slhet011.gif
  slhet005.gif
  slhet004.gif
        

簡単ステンドグラスを作ろう!

6月2回目のぼうけんクラスは「簡単ステンドグラスを作ろう!」でした。

本来ステンドグラスはガラス工芸ですが、今回はアクリル板に絵を描くだけで作る事ができます。
特別な塗料を使いますが、色を混ぜれば好みの色が作れる優れもの。

絵を描いたり、絵が苦手な子は幾何学模様で作ったりと、とても楽しい作業です。

CIMG7509 (320x182)



CIMG7507 (320x306)


CIMG7515 (320x243)


CIMG7508 (320x178)




先生もみんなの見本を作っているのと言いながら、ハマっちゃって、何個も作品を作っていました。
大人が集中して楽しめるものは、子どもたちも絶対楽しいですよね。
慣れるまではちょっと大変ですが、混色して好きな色が作れるようになり、自分の作った色に満たされていくと本当に美しい作品になるので達成感も味わえます。

今回はアクリル板に描きましたが、ペットボトルやガラスなどにも描けますので、機会があればお家でも楽しんでみて下さい。

わが家も子どもたちが作った作品が何個か天井からぶら下がっています♪
もちろん、私も作品作っちゃいました~♪

窓に飾って光が当たると、とても美しくてきれいです。
是非、窓際などに飾って下さいね。



   **** Staff H ****


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


地震の実験をしてみよう!

今回は地震について。

創意工夫教室なので、理科や社会の時間のような地震のお勉強をするわけではありません。
実生活に密接した液状化現象がどうして起こるのか、高い建物と低い建物の揺れ方の違い、それを防ぐための共振・免震の方法… などを簡単に実験します。

スカイツリーに使われた芯柱、共振を最小限に抑えるすぐれものなんですってね。知りませんでした。
その芯柱が使われているのが五重塔。
法隆寺の五重塔は、芯柱が浮いているそうですが(一度見てみたいものです) 五重塔はこの芯柱があるから倒れないそうです。

そんな共振、免震の実験
CIMG7501 (320x229)

左は耐震は欠かせない筋交い、一番右は芯柱のような重りがぶら下がっています。
揺れ方の違いがなんとなく分かればいいです。

高さによってどのくらい揺れ方が違うのかの実験
CIMG7502 (320x284)


液状化現象の実験
自分たちで家などを建てたり、砂の中にペットボトルの蓋など入れて小刻みに揺らしてみました

CIMG7504 (320x257)

砂と砂の間の水が浮き上がってきてどんどん表面が水に覆われてきます。
お家は倒れたり、蓋は浮き上がってきます。
この状態が液状化現象。

色々な現象が起きる中、自分たちに何ができるのか考えられるといいですね。

例えば、1階より2階、それ以上の階の方が揺れやすいので、大きな家具や重たいものは高い所に極力置かないとか
自分たちでは行えませんが、液状化を防ぐにはどうすればいいのか(地盤を固めたり、硬い地盤に届く杭を打つとか) 
こういう機会に家の地盤の事などを調べてみてもいいかもしれませんね.



**************************************
創遊の樹は老若男女問わず創意工夫し、物事を考え実行していく力を育んでいくお手伝いをしています

創遊の樹パソコン教室:http://www.so-yu-noki.com/free/pc
創遊の樹:http://www.so-yu-noki.com



はりがね怪人を作ろう!

5月2回目 ぼうけんクラスの教室では「はりがね怪人を作ろう!」でした。

太い針金を芯にして細い針金をぐるぐる巻きつけて、はりがね怪人を作ります。
1本の線から立体作品を作り出す楽しさを十分に体験しました。

怪人なので、全体的にバランスが悪くても不恰好でも気にせず作れるのがいいですね。
でも足の指が小さすぎたり、頭が重すぎたり、針金がゆるゆるだったりすると、しっかりとした作品ができないので、この点はしっかり気を付けて作っていきましょう。

作品集

CIMG7495 (320x178)
CIMG7497 (320x197)
CIMG7494 (320x243)
CIMG7493 (320x200)
CIMG7492 (231x320)
CIMG7491 (320x214)
CIMG7490 (320x167)
CIMG7489 (320x241)
CIMG7488 (320x258)

とってもカラフルな怪人たち。
愛嬌があってオブジェにしておくのもいい感じ。
はりがねなので、仁王立ちだけでなく、ひもを昇っている格好だったり、机の電気スタンドから飛び降りそうな形にしても面白そうですね。



後日、家でもはりがね怪人を作ってきてくれたお友達がいます。
怪人ではなくて、弓と剣を持ったカッコいい武人ですね。

CIMG7505 - コピー (320x202)

今にも動き出しそうな、戦いそうな躍動感があってとても素敵な作品!
これからも色々な作品作りに興味&挑戦していってくれると嬉しいです。


**** Staff H ****





にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村



プロフィール

創遊の樹(そうゆうのき)

Author:創遊の樹(そうゆうのき)
名古屋市緑区鹿山
子どもたちの生きる力を育む、教室の様子や、木のおもちゃ、工作キットなどを紹介します。

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンタ
月別アーカイブ